ホーム>PSCについて>CSR (企業の社会的責任について)>障がい者雇用の促進
ここから本文が始まります

障がい者雇用の促進

PSCでは、障がい者が職業を通じ、誇りをもって自立した生活を送ることができるよう、グループ内で雇用を促進し、障がい者の社会進出を支援しています。

障がい者雇用率の向上を目指して

PSCでは、障がい者雇用率3.0%を目標としています。

(厚生労働省が定める法定雇用率は2.0%)

障がい者雇用率の推移

※2016年4月1日現在

主な業務内容

職種領域主な業務内容
一般事務 取引先・株主関連ニュースのピックアップ
社内ブログのアップデート
勤怠システムの内容確認
人事システムへの情報登録
社員安否確認システムの配信先登録、稼動テスト実施
グループウェアへの社員アカウント登録
CRMシステムでの顧客情報入力更新
セミナー、就職ガイダンスへの出席者情報入力
セミナーアンケートのデータ入力
新卒採用アンケートのデータ入力
通勤定期代の経路と定期代の内容確認
出張距離の算出
社員契約更新書類の作成
電子申請システムで起票された社員情報の更新
就職ガイダンス参加者の情報入力、名簿作成
内定候補者の履歴書PDF化
取引契約書の内容確認とPDF化作業
社員名刺の作成
備品の棚卸し
郵便物の受け取り、送付
オフィス内の清掃
障害者があたりまえに働けるニッポンへ ATARIMAEプロジェクト

「障がい者があたりまえに働けるニッポンへ」
「ATARIMAEプロジェクト」のサポーター企業

「ATARIMAEプロジェクト」は、障がい者の方があたりまえに働けるような世の中にすることを目的としたプロジェクトです。私たちPSCは、この目的に賛同してサポート企業として参画しています。
企業理念のひとつである「新家族主義」の下、障がいのある方と共に手を取り合い、「自ら考え自ら行動」し、「ATARIMAE」に就労機会と環境を整え、馴れ合いやもたれ合いでなく、働く人々の自立を支援していきます。

このページの先頭へ