ホーム>PSCについて>CSR (企業の社会的責任について)>健康経営
ここから本文が始まります

健康経営

株式会社ピーエスシーの社名は「Power Staff Communications」の頭文字をとった「PSC」が基になっています。社名の「力・コミュニケーション」は社員の心身の健康があってこそと考え、「健康経営」を推進しております。

健康・安全基本方針

行動基準に掲げる「3S For All Customer」<お客様の3つのS Success「成功」Satisfaction「満足」Smile「笑顔」を常に考え行動する>の実現のためには、まず社員の3Sの実現が重要であり、心身の健康がそのすべての基盤であると考えます。この理念のもとピーエスシーは、社員一人ひとりが心身ともに健康で、いきいきとやりがいを持って働くことのできる環境づくりを目指します。

会社の安全衛生・健康管理指針

  1. 社員が幸せで健康な人生を送ることを願い、一人ひとりの自立した健康管理を積極的に支援します。
  2. ワーク・ライフ・バランスの実現、ダイバーシティの推進等と連携し、社員がやりがいを持って働くことのできる職場づくりに取り組みます。
  3. 健康経営を通して、社員の生産性向上、お客様へのよりよいサービス提供を推進します。

従業員行動指針

  1. 社員は積極的に心身の健康管理に努める。
  2. 社員は相互に尊重・援助し合い、成長していける良好な職場環境づくりを目指す。
  3. 他人に対して思いやりを持って、威圧・強要・差別的行為をしてはならない。
  4. 管理職はオープン・マインドで、公明正大な職場づくりを推進する。
  5. 従業員一丸となって職場内の防災・防犯に努める。
  6. 従業員は安全な職場・オフィス環境を維持していくことに努める。

健康増進・健康管理に向けた取組

P-health委員会の設置

社員の心身の健康推進を目的に委員会を設置しました。
喫煙率・運動習慣比率・睡眠による十分な休養度・朝食摂取率・飲酒率・健康診断結果確認率の向上を目的に様々な取組を検討実施していきます。

ゼロスマート運動

ゼロスマート運動の主旨は『家庭と仕事、人生と仕事を両立するワーク・ライフ・バランスを実現すること』
  • 仕事のやり方を常に工夫しましょう。
  • 時間管理をスマートにやりましょう。
上記をスローガンに、残業の撲滅、有給消化率のUPを目標に運動しております。

健康診断受診率・再検査受診率100%を目標

法定の健康診断項目に年齢別に検査項目を追加した定期健康診断を実施し、この結果を産業医・産業保健スタッフが受診者にフィードバックするとともに、必要な人には、面談にて生活習慣について、治療計画を相談できる時間をもっています。
保険組合との連携の下、疾病の早期発見に向けて、婦人科健診の無料化や脳・肺のドック受診料を補助する制度も設けています。

喫煙率の削減

現在喫煙率27.5%です。毎年3%削減を目標に3年で18.5%にします。
現在、禁煙にむけたセミナーの実施、医療機関で禁煙治療を受け禁煙に成功した場合には、治療にかかる費用の一部を会社負担する制度を予定しています。

様々なイベントの開催

コミュニケーションの活性化と運動の機会を増やすことを目的に屋外でのイベント、社員旅行・BBQ・お花見・スポーツ大会を開催しています。
任意参加ですが、参加率は毎回7割以上の社員と社員の家族が参加しております。

サークル活動の活性化

Power UP P-healthの一環で当社にスポーツ奨励をしています。「健康管理」も仕事の一環として、体力増強、気分転換、コミュニケーション活性化などを図ります。
主旨は、
  1. a) 同一目的行動を通じて社員としての団結力を高めること。
  2. b) スポーツを通じ戦略的思考を養うこと。
  3. c) 心と体の健康的に保つこと。
  4. d) 集団活動を通じ礼儀作法。常識を身につけること。
  5. e) 仕事以外の場で社員同志の交流を活発にすること。
現在は、7つのサークルが毎月活動を行い、その成果として健康保険組合が開催する大会にも積極的に参加しています。

活動サークル一覧

テニス・フットサル・ボルダリング・ボーリング・バスケットボール・ゴルフ・バレーボール・マラソン

メンタルヘルスケアの充実

活気ある職場づくりのためには、身体だけでなく、心の健康が重要な課題です。当社はメンタルヘルスの不調への対応だけでなく、職場でのコミュニケーション活性化などを含め心の健康づくりに取り組んでいます。産業医・保健師・カウンセラー・人事部門のワンストップ体制により、社員が抱える問題の早期発見と対応に努めるほか、外部EAP(従業員支援プログラム)機関のサービスも活用し、休業者の復職支援や再発防止にも取り組んでいます。
このページの先頭へ