ホーム>PSCについて>CSR (企業の社会的責任について)>男女均等な雇用機会の整備に向けて
ここから本文が始まります

男女均等な雇用機会の整備に向けて

ピーエスシーでは、男女均等な雇用環境の整備に努めています。
現在では多くの女性社員が様々な部門で活躍しています。

ピーエスシーで活躍する女性社員の割合

  • 取締役総数における女性数
    女性社員数33%
    ※監査役は除く
  • 管理職総数における女性数
    女性社員数8%
    ※課長職及びPro5以上を対象とする
  • 一般社員総数における女性数
    女性社員数22%
    ※取締役及び管理職を除く一般社員

※2016年4月1日現在

活躍する女性たち

大谷 径子

ピーエスシー入社のきっかけについて
私はもともと情報処理学部出身でしたので、IT業界を中心に就職活動を行っていました。PCが好きでしたので、できればPC関連の仕事につきたいと考えIT業界を選びました。
当時はWEBに関連した職業に就きたいと考えていた為、IT業界で特にWEB事業を行っている企業を中心に就職活動してました。そんな最中ピーエスシーを見つけ、エントリーしたのがきっかけになります。
ピーエスシーに入社を決めたのは、最終面接で社長プレゼンテーションの際にデザイン力を評価いただけたことが大きな理由ですが、ピーエスシーの幅広い事業に対して魅力を感じていたことも理由の一つです。
IT業界はとても領域が幅広いので、ピーエスシーの多岐に渡る業務に触れることでより幅広いITスキルを培えるとも考えました。
入社後のキャリア経緯と現在担当している業務
2010年度に入社し、BPO事業部に配属となりました。
配属後は現在の証券会社様に着任となりIT運用サポート業務をしています。着任当初よりリーダーを目標としており、今年よりチームリーダーとして常駐させていただいております。
現在の主な業務はIT運用サポートになります。お客様の使用しているPCの管理から各種ソフトのインストールや障害対応などをおこなっていますが、このような定常業務のほか、お客様のご要望に応じた定常外業務も対応しています。
今後のキャリアビジョン
役職にこだわりはないのですが、新卒としてピーエスシーに入社した後輩達が目標に出来る先輩でいられるようがんばって行きたいと考えています。
またIT業界は女性がまだまだ少ない状況にあります。ゆくゆくはより多くの女性が活躍できる場、働きやすい環境を作るなど社内環境整備にも携わりたいと考えています。

佐藤 薫

ピーエスシー入社のきっかけについて
ピーエスシーとの出会いは、大学で開催された会社説明会でした。
IT業界での就職も視野に入れて活動をしていた頃だったので、説明会へ足を向けたのがきっかけです。
IT業界を選んだ理由としては、手に職をつけたいという思いがあり、技術を身につければ、一生働けると思ったからです。ただ、IT業界というと冷たそうなイメージがありましたが、「新家族主義」という理念を聞き、イメージが変わりました。社員の一員としてチャレンジしたいという気持ちで入社を決めました。
入社後のキャリア経緯と現在担当している業務
現在担当している業務は、スマートデバイスのキッティング作業を行っています。
プロジェクトマネージャーとして、スケジュール管理、コスト管理、イレギュラー対応など、8名のメンバーを取りまとめ、月間5,000台の設定作業を行っています。
これまでは、スマートデバイスだけでなく、PCやサーバのキッティング業務にも携わってきました。また、ライフサイクル(導入~展開~運用)の業務も行い、フロー作成や、運用ルール策定なども行っております。
今後のキャリアビジョン
まずは管理職となり、性別や年齢関係なく活躍できることを示し、ロールモデルとなりたいと思っています。
そして、若い女性たちも活躍できる土台を作り、多くの女性管理職が増えることを期待しています。部署や役職、年齢など関係なく情報交換できる場を作り、モチベーションアップに繋がる仕組み作りをしたいと考えています。
女性が活躍している!と言われるような会社にしたいと思っています。

多様な働き方を整備

産前産後休暇・育児休業を取得した社員の復職率が100%

2003年7月に成立・公布された「次世代育成支援対策推進法」第13条に基づき、ピーエスシーは2008年4月に「次世代育成支援対策に取り組んでいる企業」として厚生労働大臣より認定を受け、次世代育成支援認定マーク「くるみん」を取得ました。

仕事と子育ての両立を進めるため、企業においても「ワークライフバランス」を実現する多様な働き方の整備が求められています。
ピーエスシーでは、社員のライフスタイルや意識の変化に対応し、そのニーズに合った労働環境を、自社の実情に合った形でいかに整備していくか、経営の大きな課題としてとらえ、取り組んでいます。

このページの先頭へ