ホーム>サービス案内>ITアウトソーシング>IT資産コンサルティング
ここから本文が始まります

IT資産コンサルティング

IT資産に関するお悩みのご相談から、課題点・コストの「見える化」、解決策のご提示まで。お客様の状況に合わせた評価プロセスで、小さな投資から大きな効果を導き出します。

お客様に合わせた評価プロセスで、小さな投資から大きな効果を。

システムは「導入したら、おしまい」ではありません。PSCの「IT投資評価コンサルティング」はITIL準拠の手法で、システム導入時の目的と期待を明確にする管理から導入後の成果を振り返り、コストを可視化し課題を分析します。ITサービスコーディネーターによるPSCの実績、ノウハウを生かしたスピーディなPDCAサイクルの実践で、企業戦略を実現するSLA(サービスレベル定義)に基づいたサービス基盤を設計、構築します。

このような課題をお持ちのお客さまに最適です。

  • 運用体制は整っているが、経営戦略に基づいた情報システムかどうか判断がつかない
  • 運用や通信に関わる作業やコストを抑える方法を模索している
  • ランニングコストの適正やシステム導入のメリットの評価基準がない

お客さまのメリット

  • システムインテグレーターの立場から、変化が激しい時代に合わせた戦略的で柔軟なITシステムを実現します
  • 創業以来の十数年で培ってきたIT関連サービスのノウハウを生かして、通信や運用コストを削減します
  • 業務の達成度を測る「KPI(Key Performance Indicator)」の導入で、成果の「見える化」を図ります

事例のご紹介

お客様名

某鉄鋼商社様

プロジェクト規模

  • 内容:IT投資評価手法整備コンサルティング
  • 全国40拠点(事業投資先8社含む)
  • クライアント台数3,000台(うち500台がモバイル)
  • 検疫システム導入

概要

なりすまし接続防止、モバイル社内LAN接続を見据えたセキュリティ向上施策を検討されていたお客様から、検疫システム導入に伴う事前、事後評価、コストダウンを前提とした検疫プロダクトの見直しを依頼されました。

解決ポイント

既存のソリューションが検疫システム導入によりネットワークの再構成が発生してしまうことに対し、ネットワーク再構成を必要としないプロダクトの組み合わせとソリューションをご提案しました。弊社ソリューションを導入した結果、5年分のランニングコストが合計で2億4,000万円削減できました。

1)ヒアリング 2)コンサルティング 3)計画の立案 4)実行支援
1)・現地調査、把握 2)・問題点の抽出・解決方法の提案・原因分析・セキュリティコンサルティング 3)・実施策の立案 4)・投資評価 <実現率>どこまで実現できたか<投資対効果>評価基準の策定と方法の提案

お客様名

某金融企業様

プロジェクト規模

導入スケジュール:約4ヶ月(設計~サービスイン)

  • ESXサーバ7台、VirtualCenterサーバ1台の構成に仮想サーバ30台を統合
  • 仮想マシンのバックアップにVMware Consolidated

Backupと連携したバックアップを採用

概要

内容:運用改善コンサルティング

サーバ保守切れに伴うコスト削減を視野に入れたネットワーク構成の見直しで、仮想化基盤の検討を目的としVMware社製Virtual Infrastructure 3を導入、P2Vにて既存環境を仮想化しました。

解決ポイント

サーバ仮想化の技術を導入することで、物理的に管理するハードウェア、ソフトウェアが少なくなり、保守料金の年額約2,800万分を削減することができました。

関連サービス

自社のサイト、サービスのWebサイトを新規構築、リニューアルしたい

進捗確認、業務管理ツールなどのイントラサイトを構築したい

IT資産管理の運用、コスト削減をトータルサポートしてほしい

現在稼動しているシステムの運用オペレーションを任せたい

現在稼動しているシステムのトラブル、障害の対策、対応をお願いしたい

現在使用している情報システム、インフラの投資対効果が適切か診断してほしい

「山田嘉秀」 IT技術の高度化、複雑化に伴い、投資の事前/事後評価を行うお客様の数が年々増えてきています。私たちはIT関連サービスを創業して以来の十数年で培ってきた経験と実績で、こうした市場のニーズとお客様の現状、ご要望を踏まえて、皆様のIT投資が適切かどうかご判断いただくための相談役を努めます。 ぜひ、ご相談ください!
お問い合わせご相談は
用語解説

お問い合わせご相談は
tel 0120-548-037
大阪・福岡営業所
このページの先頭へ