ホーム>ニュースリリース>兼松エレクトロニクスとピーエスシー、Microsoft AzureおよびMicrosoft 365を中心に ハイブリッドクラウド領域のビジネス拡大に向け、戦略的パートナーシップを強化
ここから本文が始まります

ニュースリリース

兼松エレクトロニクスとピーエスシー、Microsoft AzureおよびMicrosoft 365を中心に ハイブリッドクラウド領域のビジネス拡大に向け、戦略的パートナーシップを強化

2021年02月25日

報道各位

兼松エレクトロニクス株式会社

株式会社ピーエスシー


-ピーエスシーのMicrosoft AzureおよびMicrosoft 365を中心に展開する技術力・運用サービスと、 兼松エレクトロニクスのエンタープライズ市場でのマルチベンダー対応によるITインフラ基盤の提案・構築力で協業 両社の戦略的パートナーシップ強化により、お客様のハイブリッドクラウド環境への移行を支援-


兼松エレクトロニクス株式会社(代表取締役社長:渡辺 亮、本社:東京都中央区、以下KEL)と株式会社ピーエスシー(代表取締役社長:鈴木 正之、本社:東京都港区、以下PSC)は、Microsoft AzureおよびMicrosoft 365 を活用したハイブリッドクラウド領域でのビジネス拡大に向けて、戦略的パートナーシップを強化することを発表します。

PSCのMicrosoft AzureおよびMicrosoft 365を中心に展開する技術力・運用サービスと、KELのエンタープライズ市場でのマルチベンダー対応によるITインフラ基盤の提案・構築力および保守運用を含めたワンストップサービスとのシナジーにより、お客様のハイブリッドクラウド環境への移行から、その後の運用サービスまでを一貫した体制にてご支援します。


<協業イメージ>



1.【 パートナーシップ強化の背景 】

近年の変化の激しいビジネス環境に加えて、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の第3波による感染拡大の続く状況下において、企業のITシステムに求められる価値は、多種多様の人・場所・時間に拘らず、ストレスなく安心して働くことができる環境を整えることが命題となっています。そうした中、即時性・柔軟性に秀でたパブリッククラウド環境を、自社のシステム運用に組み込む「ハイブリッドクラウド」への移行のニーズが高まっています。


各システムベンダーにおいても、ハイブリッド/マルチクラウド移行を支援するサービスやソリューションが展開されています。しかしながら、ユーザー企業・団体はもとより、提案する側のITベンダーにおいても、新たなビジネス領域に進出する際に伴うスキルチェンジやマインドチェンジ、企業文化の醸成が障壁となり、結果としてハイブリッドクラウドへの移行提案が進んでいないのが実情です。


KELでは長年、お客様の情報システムに関わる課題やご要望にお応えするため、時代やテクノロジーの進化に伴う変化の激しいIT業界において、創意工夫を重ねて取り扱い製品やサービス、事業領域、組織能力や企業形態を柔軟に変化させながら、事業を継続してまいりました。近年では、既存のオンプレミスのシステム構築のビジネスから脱却し、ハイブリッド/マルチクラウドビジネスを推進しています。


PSCは創業以来、Microsoft社とパートナーシップを継続しており、日本で初めてMicrosoft社のクラウドサービス専用サポート「Microsoft Advanced Support for Partners(以下、ASfP)」を締結し、同社の製品・サービスの導入から運用保守までワンストップで提供する体制を整えています。

ITアウトソーシング・運用マネジメントサービスおよびSecurity Operation Center (SOC)サービスに強みを持ち、品質の高い運用実績をご評価いただいています。また、クラウド、ゼロトラスト時代には不可欠なセキュリティのノウハウを蓄積し、提案できる人材や環境を確保しています。


このたび、異なる強みを有するKELおよびPSCは、更なるビジネス上のシナジーを創出し、お客様のITシステムをハイブリッドクラウド環境へ移行する支援とともに、その後の運用に至るまでをワンストップ体制で提供するために、戦略的パートナーシップを強化しました。

これまでのオンプレミスのIT環境に捉われることなく、クラウドの利点を活かし、ハイブリッドクラウド/マルチクラウドを両社にて展開してまいります。クラウド利用での弱点となるセキュリティやネットワークに関する最新のテクノロジーを提供およびサポートすることで、お客様のベネフィットを創出し、お客様とともにデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進してまいります。


具体的には、PSCが持つMicrosoft AzureおよびMicrosoft 365を中心に展開する技術力・運用サービスと、KELがエンタープライズ市場で多数の実績を有するマルチベンダー対応によるITインフラ基盤の提案・構築力および保守運用を含めたワンストップサービスを組み合わせて提供、オンプレミス環境とMicrosoftのパブリッククラウド環境の両面に精通した両社が緊密に連携することで、ハイブリッドクラウドへの移行を支援します。


<両社の強み>



2.【 ハイブリッド/マルチクラウドにおける両社の強み 】

KELは、国内有数の大手企業を基盤として幅広い業種・業態の顧客を持ち、特定のベンダーに依存しない「マルチベンダー対応」を活かして、オンプレミスでのシステム構築で多数の実績を有しています。2008年には、当時のVMware パートナープログラムの最上位レベルである「VIP プレミアパートナー」を国内で初めて認定された1社となり、2021年現在も最上位レベルである「プリンシパルパートナー」として幅広い業種の企業・団体へ仮想化技術を導入し、その実績は600社以上となっています。

また、セキュリティ分野においても、セキュリティコンサルティングを強みとするグローバルセキュリティエキスパート株式会社(GSX)と資本業務提携を行っており、働き方改革やリモートワークの普及、ゼロトラスト時代が到来する以前よりセキュリティの重要性を認識し、企業間連携、エコシステムの形成にも取り組んでまいりました。


PSCは、前述のとおり実績のある高品質なITアウトソーシング・運用マネジメントサービスおよびSOCサービスを提供する組織運用体制を保有しています。また、働き方改革やDXを推進するためのソリューション/サービスの拡充にも積極的に取り組んでいます。業務効率化と同時にガバナンス強化が要求されている昨今、クラウドを安心・安全にご利用いただくためのクラウド利活用の知見やセキュリティ環境の提案に加え、運用監視サポート事業にも注力しています。


また、KELは企業理念に「お客様第一主義」を掲げている一方、PSCも「3S For All Customer」としてお客様の3つの〔S〕――Success「成功」、Satisfaction「満足」、Smile「笑顔」を行動基準としており、共通する企業文化や行動指針を有しています。

今後は強いパートナーシップの下、両社の強みを活かし、ハイブリッド/マルチクラウド領域におけるビジネス展開を更に推進していきます。



3.【 日本マイクロソフト株式会社 檜山 太郎様からのエンドースメント 】

日本マイクロソフト株式会社は、この度の兼松エレクトロニクス株式会社様、株式会社ピーエスシー様の戦略的パートナーシップの強化を、心より歓迎致します。特に両社の「オンプレミス領域でのプラットフォームの強さ」と、「クラウド領域でのマイクロソフト製品に精通した運用の強さ」の融合は、お客様のDX促進の加速につながると期待しております。今後も日本マイクロソフトは、両社との強力な連携を通じて、お客様の働き方改革やDXの推進をサポートしてまいります。


日本マイクロソフト株式会社

執行役員 常務 パートナー事業本部長

檜山 太郎


4.【 今後の展開 】

KELでは、2020年3月期を初年度とする3ヵ年の中期経営計画の重点施策の一つとして「技術革新によるICT環境の高度化、複雑化への柔軟な対応―アライアンスによるマルチクラウドやデジタルトランスフォーメーション(DX)、柔軟なITサービスなどへの取り組み―」を掲げており、今回の発表はその事例となります。

両社は、Microsoft AzureおよびMicrosoft 365をベースとしたクラウドの利活用をご検討されているお客様にビジネス展開し、ハイブリッド/マルチクラウド関連ビジネスとして、2021年から2023年末までの累計で導入社数50社、30億円のビジネス規模に拡大することを目標とします。

また、KELとPSCは今後、デジタル技術を活用した営業戦略等でもパートナーシップを強化し、デジタルトランスフォーメーション(DX)の実現に取り組み、新しい価値を協創していくことで、持続的な成長と発展を目指してまいります。



5.【 兼松エレクトロニクス株式会社の概要 】

(1)商号:兼松エレクトロニクス株式会社(英文表記:Kanematsu Electronics Ltd.)

(2)事業内容:IT(情報通信技術)を基盤に企業の情報システムに関する設計・構築、運用サービスおよびシステムコンサルティングとITシステム製品およびソフトウェアの販売、賃貸・リース、保守および開発・製造、労働者派遣事業

(3)本店所在地:〒104-8338 東京都中央区京橋2-13-10

(4)代表者:代表取締役社長 渡辺 亮

(5)資本金:90億3,125万円

(6)売上高:(連結)719億61百万円(2020年3月期)

(7)従業員:(単体)403名 (連結)1,274名(2020年3月末現在)

(8)URL:http://www.kel.co.jp


6.【 株式会社ピーエスシーの概要 】

(1)商号:株式会社ピーエスシー(英文表記:PSC Inc.)

(2)事業内容:DX推進に必要なデジタル基盤を、クラウド化支援・サイバーセキュリティ対策・アプリケーション提供を通じ、企画から構築・保守・運用まで一気通貫で提供

(3)本店所在地:〒105-0011 東京都港区芝公園2-2-18 オーク芝公園ビル

(4)代表者:代表取締役社長 鈴木 正之

(5)資本金:187,781,250円

(6)売上高:113億64百万円(2020年3月期)

(7)従業員:595人(2020年3月末現在)

(8)URL:https://www.psc-inc.co.jp/


------------------------------------------------------------------------------------------------------

*Microsoft、Azure、Office 365は、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。

*Microsoft 365は、Microsoft Corporationが提供するサービスの名称です。

*文中の製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です。


【営業に関するお問い合わせ先】

株式会社ピーエスシー

取締役:岡野

TEL:03-3435-1044

E-mail :d-okano@psc-inc.co.jp


【報道関係からのお問い合わせ先】

株式会社ピーエスシー

広報担当:飯田

TEL:03-3435-1044

E-mail :press@psc-inc.co.jp

このページの先頭へ