ホーム>用語解説>サーバ仮想化
ここから本文が始まります

用語解説

ICT業界でよく使われる用語を解説します。

サーバ仮想化

1台の物理的なサーバ上に、Webサーバ、メールサーバなど利用目的、OSが異なる複数のサーバ環境を実装する技術のこと。
サーバ仮想化技術で、管理するハードウェアを1台に集約できるため、省エネ(グリーンIT)、コストメリットなどの観点で注目を浴びている。
主な仮想化製品:VMware(WindowsまたはLinux上で任意の仮想マシンを実行できるようにするソフトウェア)


サービス拠点・事業所
このページの先頭へ